東京都 目黒区の社労士 | 社会保険労務士 小泉事務所
小泉事務所
ご相談・お問い合わせ
コンタクトフォーム

人事労務ニュース

社会保険労務士 小泉事務所ニュース
東京都目黒区で社労士をお探しなら、社会保険労務士 小泉事務所にお任せください。

厚生労働省は平成26年2月14日に独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構との共催で、「高年齢者雇用開発コンテスト」の開催を発表。高年齢者雇用の重要性について国民や企業の理解の促進、高年齢者がいきいきと働くことのできる職場づくりのアイデアの普及を目的としている。応募対象は希望者全員が65歳まで働け、さらに企業の実情に応じて65歳を超えて働き続けられる企業。応募期間は平成26年2月14日から6月10日。

社会保険労務士 小泉事務所ニュース
東京都目黒区で社労士をお探しなら、社会保険労務士 小泉事務所にお任せください。

㈱帝国データバンクは平成26年3月3日に「東日本大震災関連倒産」の動向調査結果を発表。東日本大震災による直接・間接の影響を受けた倒産は、震災後3年間の累計で1,485件となった。これは、阪神大震災時の件数の3.8倍であり、倒産企業の従業員数合計は21,262人となった。また、負債総額は1兆4,627億4,100万円となり、阪神大震災時の約13.0倍。

社会保険労務士 小泉事務所ニュース
東京都目黒区で社労士をお探しなら、社会保険労務士 小泉事務所にお任せください。

厚生労働省は平成26年2月28日に「労働市場分析レポート」を公表。このなかに掲載されている外国人留学生に対する企業の採用意欲をみると、「採用意欲が高い」が13%、「日本人学生並み」が39%となり、半数以上の企業に採用意欲があるとのこと。また、採用理由は、「グローバル展開の中心的役割」が最も多く、次いで「海外拠点の中心的役割」、「専門知識、日本人と異なる視点を持っている」が続いた。

社会保険労務士 小泉事務所ニュース
東京都目黒区で社労士をお探しなら、社会保険労務士 小泉事務所にお任せください。

総務省と経済産業省は平成26年2月26日に「平成24年経済センサス活動調査」結果を公表。平成24年の事業所の新設・廃業状況は、新設が442,562事業所、廃業が1,118,443件となった。産業別にみると、新設では「卸売業、小売業」が77,761事業所で最も多く、「宿泊業、飲食サービス業」が67,102事業所、「医療、福祉業」が31,421事業所で続いた。廃業では、「卸売業、小売業」が259,274事業所で最も多く、「宿泊業、飲食サービス業」が165,072事業所、「建設業」が85,670事業所で続いた。

社会保険労務士 小泉事務所ニュース
東京都目黒区で社労士をお探しなら、社会保険労務士 小泉事務所にお任せください。

㈱ディスコは平成26年2月18日、平成27年3月卒業予定の大学生を対象に実施した就職活動調査の結果を発表。2月1日現在の平均エントリー社数は63.4社で前年同期調査の65.3社から1.9社減少した。また、志望職種を決めている学生のうち、第一志望の職種は、文系では「営業関連」、理系では、「研究・開発・設計関連」が最も多く、男子で39.0%、女子で36.0%が志望しているとのこと。

人事労務ニュース