東京都目黒区の社労士 | 社会保険労務士 小泉事務所
小泉事務所
ご相談・お問い合わせ
コンタクトフォーム

人事労務ニュース

社会保険労務士 小泉事務所ニュース
東京都目黒区で社労士をお探しなら、社会保険労務士 小泉事務所にお任せください。

㈱クラレは平成26年4月3日、この春小学校に入学する子どもとその親に「将来、就きたい」「就かせたい」職業のアンケート調査結果を発表した。子どもたちの憧れの職業のトップは男子がスポーツ選手、女子はパン、ケーキ、お菓子屋であった。一方、親の就かせたい職業は、男子では公務員、スポーツ選手、消防士、女子では、看護師、保育士、薬剤師が上位を占め、男女ともに安定を求める傾向が強いとのこと。

社会保険労務士 小泉事務所ニュース
東京都目黒区で社労士をお探しなら、社会保険労務士 小泉事務所にお任せください。

㈱マイナビは平成26年3月27日、平成27年卒業予定大学生の就職企業人気ランキング調査の結果を発表した。文系ではJTBグループが7年連続の1位、理系ではカゴメが初の首位となった。また、学生が企業を選択する傾向は、文系・理系ともに安定している企業、理系大学院生は技術力が高い企業を選ぶ傾向にあるとのこと。

社会保険労務士 小泉事務所ニュース
東京都目黒区で社労士をお探しなら、社会保険労務士 小泉事務所にお任せください。

厚生労働省は平成26年3月26日、障がい者の雇用状況に関する公表基準の該当企業は平成25年度は無しと公表。「障害者雇用促進法」に基づき、雇用状況が特に悪く改善が見られない企業名を毎年公表している。公表企業数がゼロになるのは2年連続。また、国及び都道府県については、雇用状況に改善が見られない場合、障害者採用計画の期間終了後に適正実施を勧告できることになっているが、勧告を行う機関はなかった。

社会保険労務士 小泉事務所ニュース
東京都目黒区で社労士をお探しなら、社会保険労務士 小泉事務所にお任せください。

厚生労働省は平成26年4月1日、今後5年程度の間に取り組むべき雇用政策の方向性を示した「雇用政策基本方針」を改正した。雇用を取り巻く社会や経済は、少子高齢化に伴う人口減少やグローバル化による競争激化などを踏まえ、今回の基本方針では、雇用政策の将来ビジョンとして「仕事を通じた一人一人の成長と、社会全体の成長の好循環」を掲げた。厚生労働省は、この雇用政策基本方針に沿って、今後の雇用政策を展開していくとのこと。

社会保険労務士 小泉事務所ニュース
東京都目黒区で社労士をお探しなら、社会保険労務士 小泉事務所にお任せください。

総務省が平成26年3月28日に公表した家計調査報告によると、平成26年2月の勤労者世帯の消費支出は294,509円となり、前年に比べ実質3.2%減少した。実収入は479,268円で、実質1.3%減少した。一方、世帯主収入は353,780円となり、前年に比べ0.1%増加し、9ヶ月連続の増加となった。

人事労務ニュース